君に届け 2巻6話 ネタバレ&感想

君に届け
スポンサーリンク

君に届け2巻に収録されている「episode6.決意」のネタバレと感想を紹介します。

6話ですね、爽子ちゃんがあやねちゃんやちづちゃんのために頑張る回です!そして風早くんが爽子のためを思ってグッと我慢する回。

前回は、風早くんが爽子にどうして避けるのか直接聞いたところで終わっていました。
前回の感想はこちらから

ギャン泣きの爽子にちょっと感情的に怒鳴る(?)…ハッキリ言う風早くん、かっこよかったですね♡

それでは、6話のざっくりしたあらすじと管理人おすすめシーンを紹介します。

一部ネタバレを含みますので、ご注意を。



君に届け「episode6.決意」あらすじ


いつも

私の心を一歩動かしてくれる

風早くんの言葉


風早くんは、爽子に「落ち着いた?」と声をかけながらコーヒーを渡す。爽子はお礼をいいつつしっかり120円を払い、コーヒーを飲む。

風早くんは、爽子が払ったお金を見つめて少し考えたあと、満面の笑みで笑いながら「もらっとくわ‼︎」と言う。風早くんの笑顔に、絶望的だった気持ちが晴れていく爽子。


「噂なんてどーだっていい

 俺にとっては俺がみてる

 黒沼だけが黒沼だ‼︎」


風早くんの言葉を思い出し、噂ではなく自分自身を認めてくれたことを嬉しく感じる。落ち着いて改めて話をした爽子に、風早くんは逆の立場だったら?と問いかける。

風早くんや矢野さんや吉田さんが、「自分が関わったら株が落ちると思って遠ざかったら」と聞かれ、「いや!…いっしょにいたい…」と答える爽子。そんな爽子に、風早くんは笑顔で吉田と矢野もそう思ってるかもね、と伝える。

そして、ふたりの気持ちは分からないけれど、わけわかんないまま避けられたら不安になるしんないよ、と言う。少なくとも自分は不安だったと。

風早くんの言葉を聞いて、青ざめながら謝る爽子。そんな爽子に、風早くんは笑って「もう絶対だめ!」と伝える。

風早くんと話して自分の頭の中だけで考えて相手の気持ちを聞いていないし、自分の気持ちを伝えてないことに気づいた爽子。矢野さんと吉田さんとちゃんと話す決意をする。

そして、ふたりとクラスメイトではなく、「友達になれるようにがんばってみる」と照れながら風早くんにいうと、風早くんは笑って「…うん!がんばれ!」と爽子の背中を押して――?


ここまでが6話のざっくりしたあらすじです。ほんとーにざっくりなので実際に読んでみてほしいです。風早くんの満面の笑顔をぜひ…!

風早くん的にはコーヒーおごったつもりなのに律儀にお金を払う爽子ちゃんがかわいくもあり面白くもあり…ニヤニヤしてしまう(笑)

そのあとに爽子ちゃんが払ったお金見つめて考えてから満面の笑顔で「もらっとくわ!」って言う風早くんが最高に爽やか。

爽子ちゃんも風早くんの笑顔で心が晴れるって言ってましたけど、私の荒んだ心も晴れやかになります。浄化される〜〜♡

あと、風早くんが満面の笑顔で「がんばれ!」って爽子ちゃんの背中押すシーンが大好きです。風早くんに言われたらなんだってできる気がする。


では、管理人おすすめシーンを紹介します!

ネタバレ注意。



おすすめシーン①ピン×あやね、龍×ちづ「なぐさめてやろっか」

放課後、たまたまピンと会った矢野さんは心底嫌そうな顔をしていた。「さっさと帰って勉強しろ‼︎」と言うピンに、矢野さんは図書館で勉強して帰ろうと思ってたの、と返すと、ピンは「みかけによらずくそまじめな奴!」と言う。

ピンの言葉にかっちーんと来た矢野さんは、ピンに邪魔され最後まで聞けなかった爽子と幼馴染の会話について八つ当たりをする。「あの時あんたさえ来なければ‼︎」といいかけ、言葉が出ない矢野さん。

ピンは続きを促すが、矢野さんは「何でもない」と去ろうとする。ピンは、わけわかんねーけど、人のせいにすんなよ!と前置きしたうえで、


「人のせいにしたって解決なんて

 できねーんだ

  おまえ自分でなんかどーにか

 したか?」


「この先理不尽な事もいっぱい

 あるだろーけどよ

 結局自分でとーにかするしか

 ねーんだよ」


とまじめな顔で伝えるピン。矢野さんはピンの言葉を思い出しながら図書室で爽子が読んでいた怪談の本を見つける。その近辺にある階段もすべて読んでいたことを知った矢野さんは、「あんなの軽い気持ちで言ったのに…くそまじめ…」と呟くのだった。

一方、玄関先でへこんでいた吉田さん。ピンの練習メニューで走っていた龍は吉田さんをみかけ声をかける。


「あ へこんでる

 なぐさめてやろっか」


そういいながら隣に座ると、へこんでる原因はヤンキーの噂じゃねんだろ、と聞く。吉田さんは「あんなの屁でもない‼︎」と即答するが、その噂の出所を聞いたら「貞子だ」と言わた、うまいこと否定してみてとお願いする。

龍は、休み時間に吉田さんたちが「あたしらのことすき?」と聞いていたことに納得し、あいつどうやって噂流すの?独り言で?と言う。だって喋んねーじゃん、相手もいなさそーだしと言うと、吉田さんは納得しかけるが、爽子が幼馴染と「友達じゃない」という話をしていたことを思い出す。

すきじゃないと言われたことや、さけられたっぽいことをから元気で話し、感情が爆発する吉田さん。「なんであの時すきって言わなかったんだよ貞子‼︎」と泣きそうな吉田さんに、「まあおまえもいってたけど「すき」ではねんだろーな」と普通に答える龍。

ショックを受ける吉田さんに、「どーでもいいって線もあるしな」と言い、怒らせる。「帰れ‼︎」と怒られ、ちょうど帰ろうとしてた龍は、「他のセンもあるかもしんねーしな」と呟く。他に何があるのか聞く吉田さんに、


「しらねーよ

 気になるなら本人に聞けば?

 「どーでもいい」って言われたら

 なぐさめてやるよ」


と言い残して帰る。部屋に戻り、爽子が作ってくれたノートに描かれたヘタな絵を見ながら笑い泣きする吉田さんなのでした―。


ピン×あやねちゃん、龍×ちづちゃんの絡みです〜!私この組み合わせ大好きで…!

それぞれがそれぞれの距離感で「ちゃんと話をしろ」と言われてるのがなんか素敵!いい!

ピンの、普段のだらしないというかダメな大人だな〜ってところ見てる分、ちゃんと先生としてしっかりしてるギャップがたまらん。かっこいいこと真剣に言ったあと「たとえこの俺が原因だろーとな‼︎」って言ってかっこいいの台無しにしてるけど(笑)

それであやねちゃん怒らせてるけど…!

あと、龍の「なぐさめてやろっか」がかっこいいです。ちづちゃんが噂に傷ついてる訳じゃないってわかってる龍の幼馴染感にきゅんときます♡

 

おすすめシーン②ふたりで話すあやねちゃんとちづちゃん「こんなのもう友達じゃん」

夜、矢野さんは吉田さんが勉強してるか聞き、「してない」という答えを聞いて外で話そうと誘う。

外であったふたりは、爽子の話をする。ぎくしゃくしてからニヤっともしない、テスト勉強のとき本当に笑っていた、と。爽子の本当の笑顔を思い出し、


「…あの子さあ

 さけられるのに慣れすぎて

 けっこーそれが普通みたいに

 なってたじゃん?

 そういうのって…ちょっと

 泣けるよね…やさしい子なのにさ」


と言う吉田さん。矢野さんも吉田さんの言葉を聞いて、自分の思いを話す。


「周りの態度に慣れちゃったり

 感情がわかりづらかったり

 自分の感情にもにぶくなってたり

 …そーゆーのあたしすこし

 わかる気がしてさ

 だからあの子が自然に笑ったとき

 …なんかすごくうれしかった」

 

お互いに思っていることを聞き、お互いにそんな風に思ってたなんて知らなかったと気づくふたり。貞子をわかってたつもりで、こんなことになって訳分からなくてモヤモヤしてたけど、自分たちの間でも知らないことあるじゃん!と笑う矢野さん。

最初は絶対関わり合わないタイプだと思ってたのに、爽子のことばっかり考えて悩んでいたふたり。


「…こんなのもう大すきじゃん

 …友達かって言ったら微妙って

 言ったけどさこんなの…もう

 友達じゃん……」


そう呟く矢野さんに、吉田さんも微笑むのでした―。


爽子ちゃん自身をみてくれてるんだな〜って伝わってこのシーンすごく好きです。こんな風に自分のことで悩んで考えてくれる存在って尊いです。

爽子ちゃんはさけられるのに慣れすぎて、友達になるのは「友達になってください」って言って「いいよ」って過程をふまないとなれないと思ってるんでしょうね。切ない。友達って気づいたらなってること多いのにねぇ〜。

あやねちゃんもちづちゃんも優しくていい子だ。



おすすめシーン③爽子ちゃんのためにじっと耐える風早くん

矢野さんと吉田さんときちんと話すと決意した翌日、爽子はトイレで噂を話している人を見つける。吉田さんと矢野さんが自分のバックについている、と話しているのを聞き、すぐに誤解だと伝える爽子。

しかし、噂を話していた女子たちは「あはは!何言ってんのこの子」「優しいだって‼︎」「あたしらと喋りたいんじゃん⁉︎」と爆笑。爽子は戸惑いつつもまた「誤解」だと言おうとしますが、ひとりに壁ドンをされ、


「…うるっさいな 

 わかってるよ

 矢野と吉田でしょ?

 あの犯罪者なヤンキーといんらんね」


と言われる。爽子は衝撃で少し固まったあと、風早くんの「がんばれ」という言葉を思い出し、「さっきの言葉…とりけして」と真っ直ぐに伝える。

一方、登校してきた風早くんは、トイレの前に人だかりができているのを見かける。爽子とA組女子がもめていると聞いた風早くんは、驚く。爽子の方から矢野さんと吉田さんの噂に食いついていた、と聞いた野次馬は、「あれ流してんの貞子だって聞いたけど」とざわつく。風早くんは、そんな周囲の人たちに


「……んなの……

 そんなの黒沼が言うわけ

 ないじゃん‼︎」


と大声でいう。そこへ矢野さんと吉田さんが来て、どうしてそんな大声を出しているのか聞くと、風早くんばぐっと手を握りしめて、


「―――……

 …黒沼ががんばってる

 吉田と矢野の噂のことで」


とふたりに伝えると、ふたりは慌ててトイレの方へ向かう。その後、プルプル震えている風早くんに気づいた龍が「…なんか耐えてる?」と聞くと、風早くんは「耐えてるよ‼︎」と答える。でもこれは、自分じゃだめだから、吉田さんと矢野さんじゃないと意味ないから、とグッと堪えるのでした―。



爽子ちゃんのためを思ってここでグッと耐えられる風早くんがすごい‼︎愛だね。

本当はすぐに駆けつけて助けたかっただろうに、プルプル震えながら耐えてます。高校1年生でここまで考えて行動できるの本当にすごい。尊敬します。

あと爽子の噂のことで感情的に怒る姿、かっこいいですね。いっつも爽やかさ全開なぶん、ギャップがめっちゃある…!本当に爽子ちゃんにベタ惚れなんだなぁ〜って伝わってニヤニヤします♡



君に届け 6話 感想

爽子ちゃんがあやねちゃんとちづちゃんのために頑張る回ですね!

爽子ちゃんが前回の風早くんの「がんばれ」って言葉を胸にキッと前を向いてA組女子たちに「その言葉とりけして」って立ち向かう姿に胸が締めつけられます。

風早くんが爽子ちゃんの背中押してくれてるんですよねぇ〜〜!この爽やかなカップルのおかげで荒んだ心が浄化されます(笑)

あと、爽子ちゃんが自分たちの噂のことで頑張ってるって聞いて慌てて駆けつけにいくあやねちゃんとちづちゃんもいい!爽子ちゃんの周りがいい人しかいなくて浄化されます♡

7話の感想はこちらから


~おすすめの電子書籍~

まんが王国・圧倒的なポイント還元!毎月最大50%ポイント還元
・期間限定で最大80%ポイント還元されることも♡
毎月お得にマンガを購入したい、無料でたくさんの作品を楽しみたい人におすす  め!
【DMMブックス】
初回購入限定70%OFFクーポンをGET♡
・ほかにも、割引キャンペーンなどもたくさん
・マンガを大人買いしたい人におすすめ!
[U-NEXT]月額2189円(税込で読み放題サービスに利用できる毎月1200円分のポイントが付与される
・ポイントは最新作のマンガ購入にも利用可能!
・ドラマや映画、アニメもたくさん観たい人におすすめ
イーブック
イニシアティブ
ジャパン eBookJapan
・初回ログイン限定で最大3000円分の半額クーポンがもらえる!
・割引作品が多い
・Yahoo!プレミア会員、PayPayを利用している人にお得♡
booklive ・新規会員限定でガチャを回して50%OFFクーポンGET
・会員登録後も、1日1回お得なクーポンガチャを回せる!
・気になったマンガをお得に買いたい人におすすめ!

詳しく知りたい方はこちらから
漫画を読むときにおすすめの電子書籍!特徴やお得情報まとめ

無料で読みたい方はこちらから
電子書籍で人気の漫画を無料で読むには?

コメント

タイトルとURLをコピーしました